ニキビ化粧で少しでも悩みを小さくしたいあなたへ

ニキビがあるなら化粧しない方がいいというのは本当かな?

2017年11月13日 13時55分

ニキビがあるときは
化粧しないほうがいいと言われます。

実際はしないといけないですし
むしろ気持ち的にもしたほうがいいのですが
たしかに化粧しないほうがいいと言える
理由もいろいろあるのは事実です。

安心感を得るためにも
そういうことも知っておきましょう。



・ニキビのときに化粧しない方がいいと言われるワケ



ニキビについて調べていると
必ず清潔にしないといけない
という話が出てきますね。

ニキビは毛穴に汚れが詰まった状態だから
上から油分などを加えるのはNGといった話は
耳タコになるくらい聞くと思います。

ネットの場合だと見飽きたって
いったほうが適当ですね!

お化粧には基本的に油分だけでなく
添加物がたくさん入ってるわけですから
肌にとっては汚れそのものです。

しかも皮膚呼吸を阻害することにもなりますし、
最悪ニキビを悪化させる可能性もあります。

化粧品の何らかの成分が常在菌の
餌になることも考えられるそうです。

たぶん油分の何かだと思います。

あとお化粧道具の問題もあります。

普段使いするものほど雑菌が繁殖しやすいので
それだけでもニキビに悪そうです。

ブラシも使い方によっては刺激になりますし、
ニキビ肌は基本的に敏感肌ですので
ニキビ人生から抜け出せないような
蟻地獄にはまってる感もなくはないです。



・逆にお化粧でニキビがよくなるかもしれない?



といっても、それらのことはあくまで一般論。

間違いではないけどそこまで神経質になるのも
問題なので化粧しない方がいいという主張は
ちょっと極端なものになります。

ちゃんと工夫すればニキビを悪化させるどころか
よくなる可能性だってあります。

さっき述べてきた問題点をひとつひとつ
対処していけばいいだけの話なんですね。

まずは化粧品自体を質のいいものに変えましょう。

できればニキビ肌を意識したものがいいですね。
そういうものだとノンコメドジェニックテストを
してるものですし無添加にもこだわってると思います。

中には美容成分も含んだものもあります。

それが良くなるかもしれない要因のひとつ。

そしてお化粧をしたいって思う気持ちは
女性にとって欠かせないものです。

中にはある程度年齢を重ねると
化粧とかどうでもよくなる人もいますけど、
それは綺麗になるという気持ちが消え、
どんどん劣化していく一方です。

塗り方とかも気をつければ
ニキビ跡も上手に隠せますし
お肌の負担も最小限に抑えられます。

ニキビも隠せたうえに綺麗になれるし
なんだかんだいってお化粧しない理由はありません。

ニキビはストレスとの戦いでもあります。

お化粧でカバーすることで
気持ち的にも良い方向に向かいます。

それがニキビがよくなるかもしれない
理由の2つ目です。