ニキビ化粧で少しでも悩みを小さくしたいあなたへ

ニキビ肌のときのベースメイクでおすすめはミネラルファンデ

2017年11月15日 09時55分

ニキビ肌のときのベースメイクは
どうしたらいいのと迷ってる人は多そうです。

ニキビ肌は敏感肌なので
ベースメイクほど気をつけてほしいところ。

基本的にはニキビスキンケアと同じく
刺激が少ないと言われるファンデーションを
選べばほぼ間違いないです。



・ファンデーションの種類



まずはファンデーションについておさらいです。

ベースメイクとは化粧下地とファンデを
するまでのメイクのことをいいます。

今回はファンデーションを中心に
お伝えしていきますね。

ファンデーションと一口にいっても
いろいろな種類があります。

パウダータイプ、リキッドタイプ、
クリームタイプの3種類。

この中で一番ニキビ肌に適しているのは
前者のパウダータイプです。

カバー力はそこそこですが
サラッとしていてニキビ肌との相性は抜群です。

油分も一番少ないですので
脂性肌の方にも最適です。

リキッドタイプは液状のファンデーションで
密着度が高いのでクレーターを隠す時は
便利ですがふつうのニキビには不適です。

油分が多くカバー力も強いので
ニキビを悪化させやすくなってしまいます。

クリームタイプもカバー力が強いので
あんまり適さないですね。

乾燥する時期は便利ですけど
リキッドタイプよりも油分が多いので
あんまりっていうか一番不適かもですね。

ということで油分が少ないものを
選んでおけばほぼ間違いないです。



・いちばん大事なのは安全性



基本をおさらいしたところで
少しだけ応用部分に入っていきます。

色はニキビばかりが目立たないように
少し暗めのものを選んだほうがいいです。

イエローやグリーン系もうまく使うことで
カラーコントロールすることもできます。

地味に重要なポイントは落としやすいか、です。

カバー力が強いものほど化粧落としも
強力なものを使わないといけなくなり、
それもまた肌への負担となります。

クレンジング不要とか
ノンコメドジェニックテスト済みなどの
表示があるものを選びましょう。

いちばん大事なのは肌への負担を
かけないよう工夫して作られたものかどうかを
ちゃんと調べてみることですね。

まあ有名どころを選べば
ほとんど間違いないと思います。

たぶんいちばん有名なのがエトヴォスです。

ちょっと高めだけど美容成分である
ビタミンCやヒアルロン酸が入っていて
紫外線対策にもなる優れものです。

口コミでもニキビ肌に合ってると
評価するひとも多いですね!


あとベアミネラルもけっこう有名ですね。

ミネラルファンデだけどクリーミーなので
カバー力もそれなりにある器用なファンデです。

石鹸で落とせるので負担も少なくて済みます。